これを守っておくこと|欲しい物もすべて風俗の仕事で買えるようになります

これを守っておくこと

スーツの女性

もし風俗嬢になることを決心できたなら、さっそく面接を受けに行ってみてほしいと思います。

では実際に風俗の面接を受ける際には、何を着て行けばいいのか?と疑問が出てきますよね。
間違っても寝間着姿みたいな格好では行かないようにしてください。
服装にルールはありませんが、もちろん面接官に対して良い印象を与えられるようにちゃんとした格好が望ましいです。
ただわざわざドレスやスーツなどを身に着ける必要はありません。
普通に外出をするときのような服装で大丈夫です。
ただしその服がボロボロだったり、汚れていたりすると減点対象になってしまいます。
風俗の面接でとにかく大事なのはずばり「清潔感」になるので、パッと見たときに清潔感があふれているかどうかを客観的に見て選んでください。

そして見た目以外で気をつけるべき点といえば、やっぱり「喋り方」になるでしょう。
面接官に下品な言葉を使うのは当然ながらNGです。
そもそも風俗の仕事は接客業なので、まともに喋れるかどうかは最低限必要な要素になります。
そこがうまくいかないような人は採用されないので、万が一自信ないようだったらちゃんと敬語というものを覚えてから面接を受けにいきましょう。

ちなみに面接を受ける際には必ず「身分証」がいるので、身分証を忘れずに持っていくようにしてください。
そして身分証を提示するときに「顔写真」があるかどうかも確認しておきましょう。
顔写真のない身分証は使えないので、そこもチェックし忘れてはいけません。
主に免許証や大学などの学生証、あとはパスポートであれば必ず顔写真があるはずなので安心です。

Copyright © 2017 欲しい物もすべて風俗の仕事で買えるようになります .